×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
犬の散歩の♪ ボンサイ バンザイ

犬の♪ ボンサイ バンザイ

ピロコームを使うと細かい下毛がとてもよく取れて感激しました。

三毛3才♀・ブラッシング大好き猫「ニャオ」の場合⇒
★頭の先から、シッポの先まで気持ち良さそうに
ブラッシングしてもらい、ご満悦です。
コーム先端がやわらかいので敏感な部分にもOKですね。

金茶長毛MIX1歳♀・ブラッシング大嫌い猫「マロン」の場合⇒
★長い金茶髪のため、抜け毛で部屋の隅に毛玉がフワフワ、
お願いブラッシングさせて~!状態でしたが…、
ピロコームはあまり嫌がらず、少しずつできるようになりました!
長い毛がごっそり採れ、さっと櫛先から毛が取れ捨てられるので使い勝手が良いです。
おなかに毛玉が出来るので、はさみで切りながら、ピロコームでなでるときれいになりました。

短毛グレーMIX1歳♀・ロシアンブルーもどき「ナナ」の場合⇒
★背中をちょっとなでるだけで短い毛がフワフワ抜け落ちるので、
ビロードのような美しい毛並みですが触るのも躊躇していた今日この頃、
やっかいな抜け毛の季節…。
ピロコームはとっても気に入ってくれ、
おネムの時に使うと、まったく抵抗せずゴロゴロ…してます。

以上うちの3匹の猫ムスメたちはそれぞれ抵抗なく受け入れてくれました。
先端の曲がった部分で毛がごっそり取れて、取り残しが少ないところが大変良いです。
ぬれたタオルで猫の体をそっと拭いたあとにピロコームすると
まったく毛が飛ばずに上手にコームに毛を絡め取ることができました。

以上、ピロコーム一週間使用後の感想を列記してみました。

こんな会話が聞こえました。
家庭内騒動。
これも昔の諺の引胴ですが、主木(亭主)が右を向いていれば、枝もそのように添うのが正しいということです。
枝は妻や子にも例えられますから、亭主に添わないテンデンバラバラでは、まるで家庭内騒動のようで見苦しい。
理想的なのは、盆樹全体が同じ流れに叩なるぎ伊に作をということです。
圭はいつまで経びても主。

お好み  TOPへ > 戻る