×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

戻る
私とイヌを結ぶ友情のルーズな絆は、つきせぬ教訓と楽しみの源泉であった。
動物行動学者にとって、どんな人間に対しても忠誠を誓わず、服従する気ももたぬイヌを研究することはきわめて興味深い。
そして、この誇り高く傲慢なイヌを知っている者の全てが恐れ多くもその好意を賜わったときに、どれほど自尊心をくすぐられる思いを味わったか、全くおかしなほどである。
イヌの妻が彼に尊敬に満ちた好意を示すことにすら、しばしば私は嫉妬心をひどくかきたてられたものである。
まったく反対の理由で、主人と結びつかなかったダックスフンドとチャウチャウ犬のイヌについて述べたつぎには、三番めのイヌの個性、私の雌イヌの性格について書くことにしよう。
雌犬の主人との関係は、幸福にも、その曾祖母の子どもっぽい依存心と、オオカミ系の祖先から受け継いだ群れのリーダーに対するひたむきの忠誠心が強く結びついたものだった。
私の家で生まれ、七ヵ月になったとき、私は雌犬を自分のイヌにして訓練をはじめた。
その気質と同様外観においても、雌犬にはシェパードとチャウチャウ犬の血が特別にほどよいぐあいに混ざっているのが認められた。
鋭い、オオカミを思わせる鼻づら、ひろい頬骨、斜めについた目と短くて毛の濃い耳、さらに短くて毛深い尾、それに、とりわけ品やかで優美な身のこなしなどは、雌犬を他の何にもまして小さい雌オオカミとそっくりにみせた。
ただ燃えるような金赤色の毛色だけか、ジャッカルの血を示していた。
しかし、真に貴いものはその性格にあった。
雌犬はイヌの訓練の基本を学び、引き綱をつけて歩いたり、主人にぴったりついて歩いたり、「伏せ」たりすることを驚くべき速さで身につけた。
多かれ少なかれ自発的に小屋を綺麗にしたり、家禽の安全を守ったりしたので、雌犬にはそうした行為を教える必要がなかった。
二ヵ月という短い月日の後に、このイヌと私の繋がりは運命の力によって断たれてしまった。
心理学の教授として招かれた私は、家族と家とイヌを後に出発した。
クリスマスの短い休暇で家に帰ったとき、犬は熱狂的に喜んで私を迎え、私にたいする強い愛情が決して変わらないことを示してくれた。
雌犬は私か教えた全ての事を、以前とまったく同じようにやることができたし、事実雌犬は、四ヵ月前に私が置き去りにしたのとまったく同じイヌだった。
しかし私か出発の準備にとりかかったとき、悲劇的な場面か演じられることになった。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
多くのイヌ好きの人は私が何を言おうとしているのかお判りだろう。
スーツケースの荷造りが行なわれる前から、犬は目に見えてふさぎ込んでしまい、一瞬たりとも私の傍を離れようとはしなくなった。
私が部屋を出ると、いつでも雌犬はいらだつような慌しさで、飛び上がり、後を追い、風呂場にまで付いてきた。
トランクに荷物が詰め込まれ、私の出発がさし迫ったものになると、かわいそうな犬の苦悩は絶望的なまでに高まり、ほとんどノイローゼといってもいいくらいになった。
雌犬は食物を取ろうとせず、その呼吸は不規則に、かつ浅くなり、時々大きく深いため息を突くたびに途切れるのであった。
出発の前に、私たちは雌犬を閉じこめておき、私についてこようとする死にもの狂いの試みを止めさせようと決めていた。
しかしそのときになると奇妙なことに、何日も私のそばを離れなかったこのちびの雌イヌは、庭の片隅に引っ込んで私か呼んでも出てこようとはしなくなってしまった。
あらゆるイヌのうちでも最も従順だったのか、手に負えぬ頑固さを示し、捕まえようとしても無駄だった。
ついに、いつものおともである子どもだちと手押し車に乗せた荷物を従えて、私が駅に向かって出発すると、尻尾を垂れ、毛を逆立て、野性的な目つきの異様な様子をしたイヌが、私たちに付いてきたのである。
駅でもう一度雌犬を捕えようとしたが、まるで駄目だった。
私が列車に乗りこんだときにも、雌犬は耳を垂れ、毛を逆立てて、反抗的な態度を示しながら、安全な距離から疑わしげに私を見詰めながらじっとしていた。
汽車が動きはじめ駅を離れようとしても、イヌはまだ同じ場所で根を生やしたように動かなかった。
しかし汽車がスピードを増しはじめると、雌犬はだしぬけに前進し、汽車にそって走り、とび乗ろうとした。
三つの車両を繋いだ最前部のデッキに、イヌが飛び込んでくるのを防ごうとして私はじっと立っていた。
私は駆け寄って雌犬の首と腹を押さえ、すでにかなりのスピードで走っている列車からつき落とした。
イヌは転倒することもなく、器用に着地した。
もう反抗的な態度を示すこともなく、耳を立て首を一方に傾げて、雌犬は汽車が視界から消えるまで見詰めていた。
私はほどなく犬についてのおもしろくないニュースを受け取った。
雌犬は近隣いたるところのニワトリを殺し、そのあたり一帯を絶えずうろつきまわり、もう訓練された飼いイヌではなくなって誰のいうことも聞かなくなっていた。
雌犬の唯一の取り柄は、いまや番犬としてのそれであった。
日一日と狂暴さを増していくからであった。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
トップへ  戻る