×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
犬の散歩の♪ ボンサイ バンザイ

犬の♪ ボンサイ バンザイ

ペルシャ
本当に驚くほどすんなりと毛が梳けて、しかも櫛の部分にしっかりととどまって、散らばってしまわないので感激しました。
HPの写真のように寝そべってはくれませんでしたがゴロゴロと喉を鳴らしながら、毛を取らせてくれました。
普段は抜けた毛がふわふわと舞って困っていましたが、しっかりと束になって処理も簡単で大助かりでした。

こんな会話が聞こえました。
直幹以外のボンサイは、ほとんどの場合幹は曲がっています。
曲がった「出っ張り」のところに枝が付いているのが正解で、反対に内側に枝があるものは不自然で力強さ」がなくなります。
これは自然界の摂理と同じで、曲がりの内側に枝がある古木はありません。
幹の曲」」ば 、らてす 固定観ん,)だけで樹形を・作ると、右の次は左、そして右へというふうに枝を付けることが多くありますが、自然界でこんな方稚式は通用しません。
日陰や通風のよくないところのものは、自然掏汰されて枯れてしまうからです。

お好み  TOPへ > 戻る