×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
犬の散歩の♪ ボンサイ バンザイ

犬の♪ ボンサイ バンザイ

ウチの猫(アメリカンカール)にブロンズタイプを使ってみました。
毛はセミロングで、柔らかい毛質で、量は中量です。
もともと、ブラッシングは嫌いな方じゃなかったのですが、他のコームを使っていた時に少し痛がったりして抵抗する事がありました。
毛が取れるだけじゃなくて、猫にも快適な手入れ道具がないかな?と思っていたところピロコームを見つけ、使っている方の評判も良いので早速購入を決めました。

使用感は快適です。
ウチの猫はオナカを見せてゴロゴロ言いながら手入れさせてくれます。
痛そうだなと感じることも無く、毛もたくさん取れ不思議な感じです^^
苦労して猫に気を使いブラッシングして、少し取れた毛をまたコームから取り除く為の掃除・・が、すごく簡単になり、取れる抜け毛も倍以上で手入れの時間も短縮されました。
コーム自体もしっかり丈夫そうな丁寧な作りなので、安心して購入できました。

良いコームを探している方がいましたら、是非紹介したいです^^

こんな会話が聞こえました。
ビギナーが針金かけで最初に突き当たるのが、枝は左右に割り振りするが。
前と後ろの枝を邪魔にすることです。
左右だけに枝があって前後にないものは、鰈の骨のように見えることから、「アバラ骨作り」となって失敗します。
前校は後ろ枝より短いものがよく、ブラジャーとフンドシとは言い当てて妙と思います。
前後に枝のないアバラ骨作りは、鉢植えに重要な「奥行き」もなく、薄っべらになって価値は下がります。

お好み  TOPへ > 戻る