×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
犬の散歩の♪ ボンサイ バンザイ

犬の♪ ボンサイ バンザイ

ウチの猫(アメリカンカール)にブロンズタイプを使ってみました。
毛はセミロングで、柔らかい毛質で、量は中量です。
もともと、ブラッシングは嫌いな方じゃなかったのですが、他のコームを使っていた時に少し痛がったりして抵抗する事がありました。
毛が取れるだけじゃなくて、猫にも快適な手入れ道具がないかな?と思っていたところピロコームを見つけ、使っている方の評判も良いので早速購入を決めました。

使用感は快適です。
ウチの猫はオナカを見せてゴロゴロ言いながら手入れさせてくれます。
痛そうだなと感じることも無く、毛もたくさん取れ不思議な感じです^^
苦労して猫に気を使いブラッシングして、少し取れた毛をまたコームから取り除く為の掃除・・が、すごく簡単になり、取れる抜け毛も倍以上で手入れの時間も短縮されました。
コーム自体もしっかり丈夫そうな丁寧な作りなので、安心して購入できました。

良いコームを探している方がいましたら、是非紹介したいです^^

こんな会話が聞こえました。
サルスベリは伸びた新梢の先端から樹形の作りの基本についで 鉢植えに興味を持つ方なら、誰もが自分の気に入った樹形に作りたい、という希望と理念を持っています。
ところが実際に自分のボンサイや苗木に向き合うと、たいていの方は途方に暮れることが多いようです。
理由は「どこをどう剪定したらよいか分からない」ことと、「剪定することの難しさ」にあります。
つまり切ってしまって後悔するより、切らないほうが安全ということで、結局のところ先輩や業者に持ち込むことになるわけです。
この項では、それらの悩みについて解説したいと思います。
正面を決める。

お好み  TOPへ > 戻る