×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ひよどりの大好き犬と猫のペット 私は動物好き?

私は動物好き?
興奮性・活動性= 
攻撃性= 
訓練性= 
体高:  体重: 
私は動物好き?

私の小さい頃、川のくろから花の咲く草をこいで来て植木鉢に植えていたようです。
川辺りにはいろいろと変わった植物が生えていました。
川辺りは鳥の巣も沢山ありました。
水の中には魚が居てとても魅力的な場所なのです。
大きな花の鬼百合を植えようと引き抜くと球根より上の部分がすっぽ抜けてきました。
ヤブカンゾウは根の先に丸い玉が付いています。
田植えが終ったころにはグミの木の下は草が踏み潰されて道が付いていました。
秋遅くには山葡萄・エビヅルが黒くなって冬に雪の中でも食べられました。

田んぼのあぜにもぐらが穴をあけると水が抜けてしまうので困るのです。
通り道にトラバサミのような罠を仕掛けて駆除しますが、私には力が無いし危ないので使えません。
単にモグラ穴の途中に仕掛けてもうまく行かないのです。
ニオイに敏感だということで、人の手を嗅ぎ取って近づかないらしいのです。
明夫兄さんが技を持っていました。
穴の方向を見極めたらその穴を踏み潰すのです。
そして元の穴をまたぐ形でワナを仕掛けるのです。
そうするとモグラは落盤だと思い穴を掘りなおすのでワナを押し上げて捕らわれるのです。
モグラは即死し、硬直した状態で見つかります。
生きたモグラは見たことが無いのです。
鼻がとがり、手がグローブのようになっていて、毛は細く短くビロードのように美しく艶がありました。

井戸を掘った時に使ったドカンの余りがあり、それを水槽にして金魚を飼っていました。
金魚は苗代の頃に木の桶に水を張って天秤棒でかついで売りに来ました。
何度か琉金を買ってもらった事があります。
苗代の水にはミジンコが沸いて良いエサに成ると言うことで早速金魚を放しました。
琉金はお尻を振りふり嬉しそうに泳ぎますので、それを追いかけながらいつまでもあぜ道を歩きました。
でも、2~3日目にはどこにも居なくなりました。
カモに食べられたと言うことです。

ドカンの水槽には、いろんなモノが入りました。
亀、カヤの生えた曲がりくねった川で見つけたものですが、ミミズを入れてやると潜って食べていました。
雨の後にどこかへ逃げて行きました。
ヤマメ、扇状地なので海の近くでも山に住む魚も居てその小魚がたもに入ります。
泳ぎ方が素早くくの字状にカクカクと泳いでいました。
側面の模様が綺麗で水槽に入れましたが、雨降りのときに飛び出して死んでしまいました。
たん貝、淡水に住む貝ですが水槽に入れておいた所、白い小さなものが沢山うごめいて居た事があります。
子供がプランクトンに成ったようで、金魚の調子がおかしくなったようでした。
なまずの子と小鮒、おたまじゃくしにひげのあるような小さなナマズでしたが、見ているとヒゲにふれた小鮒をパクっと食べるのにビックリしました。
良い表現賞は、上述の「好ましい循環」を創りだす社会的装置です。
制度の発足当時は、単なる希望でしかありませんでした。
50年の歳月を経て、この良い表現賞の果たすべき使命は、初めて実現性を帯び始めたと言えるのかもしれません。

お好み  TOPへ > 戻る