×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

この花なんのはな


この花なんのはな

幹を曲げておき、そこに取り木をかけていくこともよく行なわれる。
前者は切り込み作りのオーソドックスな方法で時間は必要になる。
後者は1曲作り(立ち上がり部分に曲のある素材)の方法で、足元だけの面白さを利用し取り木後の鉢作りで仕立てていく。
畑作りから堀り上げる際には枝は長めに捨て切りする。
必要なところまでいきなり切りつめず余分に残しておく。
しばらくして、芽が吹いてからそれを確認して再び目的の部分まで切りつめる。
つまり芽吹き後に剪定というのがシシガシラの基本である。
落葉後すぐに剪定したいのは当然だが、シシガシラの場合葉が開いてから切り込んでいく。
したがって畑上げの例では余分に長く枝を残しておいて、後に芽吹いてから切りつめるというのが通例なのである。
取り木は比較的発根しにくいとされ、性による差もあるといわれている。
特に鉢作りの接ぎ木樹のシシガシラは取り木の成功までには時間がかかることが多い。
一度白根徹となったシシガシラはよく取り木がきくともいわれている。
庭木の白根樹では細枝などは簡単に取り木が可能で、前述のように、新梢をひねっておきその基部に取り木をかけると簡単に好素材が得られるのである。
写真の取り木の試みでは枝先の小さな枝岐れ部分を利用しようと考えているところ。
後の培養によってどのような樹形もできる。
切りつめたり、樹勢が集中するところでは何本も小枝が発生する。
しかも直線的に太くなりやすい。
ゴツゴツとした短枝の切り戻しが多くなるのはこのためである。
できるだけ枝はやわらかく作りたいのはシシガシラも同様。
1か所から何本も出る芽をそのままにするとその枝基は太くなる。
基本的には2本の芽を残し(2岐)ていくのだが、樹作りの途中では、どこかに走る枝を用意しておいて、樹勢を逃しておくのもよい。
樹勢をつけてから全部を同等に切り込むと、強い枝からは数多く吹く。
芽をかき取っても性質上、枝は直線的に目立ちやすくなる。
そこで長めに残したり、短く切りつめるなどして1本の樹のなかで樹勢を逃がしたり追い込んで細枝を残したりするテクニックが有効である。

お好み  TOPへ戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム  ピロコームの専門店向け卸し  ピロコームの詳細説明  被毛の手入れとキューティクルの写真  ピロコーム使ったひとの生の声  アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル
シェルティー  サモエド一家
旅行あれやこれや  ヤマトヤマネコ  輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ  耳垂れうさぎのホーランドロップ  小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア  ライオンヘッドラビット  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド    スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ 
frt1やんぐアフガンです  frt2 犬と健康  frt3 花に囲まれて  Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き  only11 子犬黒猫好き  Tk1 路傍の糞  Tk2 蕎麦好きのおっちゃん   Tk3 柿つつきです   Tk4 ンコ拾い隊  Tk5 花
商品は大変気に入って使っております。
抜け毛がまわりに飛び散らないので、手軽に使えますね。
ピロコ−ム早速使っています。
もともとブラッシングを嫌がる子ではなかったのですが、使い易さ+取れた毛が飛ばない事に大満足です。
 実物を見たところ思っていたより小さいし、金属の部分が長いのでうちの犬の毛の多さに変形しないかと心配になりましたが、とても丈夫で安心しました。(ステンレスピン)
今までスリッカーブラシを使っていましたが、首の周りの分厚い毛は奥までとけていない感じがしていましたが、これなら奥深く入っている気がします。
特に毛を掻き分けながらとく時、スリッカーブラシの時は自分の手にブラシが当たって痛かったのですが、ペット用品なら当たっても痛くないので安心して使えます。
使用中に毛が本当に舞わないんですね。
以前ならブラッシングの後自分に着いた毛を取るのにコロコロをかけたりして面倒でしたが、そんな手間がいらなくなりました。
コームに穴が開いているので収納で引っ掛けれるので便利です。
ペット用品気に入りました。
四国犬には、固めの方を使いましたが、
とても気持ちが良いらしく、お腹まで見せた程です。