×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

この花なんのはな


この花なんのはな

盆栽を]種の実術、一幅の活画としたところに見敵の高さがうかがえるが、当時の盆栽家たちは盆栽に絵画的趣をとくに求めていたように思われる。
こうした好みは、大正時代へとうけつがれ、言葉となってあらわれる「いったい、園芸という技術そのものが趣味の深いもので、自然に生育した植物を、庭なり、鉢なりに移して、自分の手で育てて見る、人が植物に同化し、植物が人に同化し、その思うままに、花も開かせ、実を結ぱせる、そこにほ言いしれぬ趣味が湧いてくる。
しかし、それだけでは科学の力一つでも出来る業で、人の高尚な芸術的趣味が加味されていない。
盆栽となると、それが、ただ科学上の約束ばかりでなく、芸術的技術も加えられて、→種独得のものとせられるのである」「たとえば、ここに一本の松があるとする。
その大きさはわずかに一尺か、一尺五寸ほどである。
けれども、その根の張ワ具合から幹の姿勢、校の肥方などを見ると、まるで自然のままの大木のようで、しぱらくこれを見つめているうちに、たちまち、天も摩するように見え、槍を離れてただようちぎれ婁も眼に浮かべば、占色を帯びた肌には、朽ちかけた注連縄のそのままに張られてある神木の萌緒深い姿とも見え.さらにその根元には、ささやかな紅殻塗の華表(鳥屠)や、傾きかけた祠の姿まで.まのあたりに迫って来て、はとんどその境地にのぞむ思いあらしめる」。
「その趣味の連鎖となって、いっそう美しく見せるのは、すなわち、絵画的趣味である。
絵画は宇宙の形熱、自然の景観を平面上に描出するものであるが、盆栽はそれを縮めた形をもってあらわしている」(大正十四年五月刊『盆栽』) 盆栽が他の園芸と異なる点を分りやすく具体灼に覗いてあますところがない。
盆栽を絵顧的趣味とのつながりにおいてとらえられているのは、前述したように、明治以米の見方の深化といえるだろう。

お好み  TOPへ戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム  ピロコームの専門店向け卸し  ピロコームの詳細説明  被毛の手入れとキューティクルの写真  ピロコーム使ったひとの生の声  アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル
シェルティー  サモエド一家
旅行あれやこれや  ヤマトヤマネコ  輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ  耳垂れうさぎのホーランドロップ  小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア  ライオンヘッドラビット  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド    スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ 
frt1やんぐアフガンです  frt2 犬と健康  frt3 花に囲まれて  Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き  only11 子犬黒猫好き  Tk1 路傍の糞  Tk2 蕎麦好きのおっちゃん   Tk3 柿つつきです   Tk4 ンコ拾い隊  Tk5 花
北海道の「ラブ」パパのマークンです。
今日仕事が終わって家に帰ったら、ペット用品が玄関においてありました。
早速うちの「ラブ」に使ってみましたら、かなり死毛が付いて来ました。
そして、次にいつもの犬仲間が集まるところに持って行き、いろいろと試してみました。

他のラブラドールレトリーバーのチョコはアンダーの毛があまり無いのか、そんなに抜けてこない。
ハスキーのミックスは物凄い量の毛が抜けてきて、びっくり。
ゴールデンの子は普段のお母さんの手入れが効いていて、余り抜けない。
他のゴールデンの子は逆にこれまた、物凄い毛が付いてきて、飼い主さんも仰天。
確かに犬によって、また普段の手入れなどによっても結果が左右されているようだけど、大きく効果のある子もいるのは事実。

使った感想は、取っ手(握り)の部分が若干小さめなので、持ちづらいという声が多かった。
毛をすく部分はあまり大きくすると、毛の抵抗が大きくなったりして大変なので、それはいいのだけど持つところの穴の部分がちょっと小さいので、指が二本しか入らずに力が余り入らないそうです。
少し工夫をすると持ちやすくなるのかな。

いずれにせよ、抜け毛に悩む飼い主さんにとっては大きな魅力のある商品には違いなく、私もみなさんにお勧めします。