×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る




ペット・ガーデン・日和 赤松

赤松
赤松は黒松よりも古くから盆栽として育てられました。
一説によれば、武家においてその発達があり、出陣を前に心の平静を得ようと茶と共にたしなんだと言われます。
下克上・戦乱の時代に荒んだ心のより所を盆栽に求めるが故に武家において培養が盛んになり、それが次第に一般化したようです。
盆栽は心の余裕を培うことを目的として発生したという、盆栽の精心論です。
これは、盆栽趣味は老人のものという現在の一般の考えではありません。
盆栽の基礎として、中国より植物を鉢に植えて楽しむことが伝わっていたようです。

黒松が丈夫なため現在ではほとんどの盆栽が赤松より黒松になっています。
海岸部には黒松が多く、山間部には赤松が多い、また赤黒交雑種もあります。

赤松と黒松の違いは、
幹の肌色は赤松は赤みが強い。
松葉は、黒松の方が太く長い、赤松は細く短い。
枝振りは黒松が太く直線的であるが、赤松は細く繊細な感じがする。

正月の門松の正統は、
一方が黒松と隈笹と梅の枝、もう一方が赤松と隈笹と梅の枝です。

なお、松茸は赤松の根元に生えます。
松露は黒松の方に生えます。

古い盆栽は黒松よりも赤松でした。
赤松は雌松とも呼ばれ優しい感じがします。
幹は赤褐色の肌で皮は薄く剥がれます。
枝は細く、葉も細くしなやかな感じです。
赤松は木ぶり枝ぶり、幹肌、葉のどれをとっても繊細さ風韻で勝っています。
それなのに最近は黒松が圧倒的に人気があります。

盆栽では幹の赤さは出ません。
空気の汚れに弱いと言われます。
黒松は強く、太りが早いので業者が利益を出しやすいと思われます。
このような理由で赤松が人気を落としているのであれば寂しいと思います。

赤松
神・舎利作り
小品盆栽に神・舎利を作り込むのは槙柏に付けるのが最近の傾向であるが、神・舎利の腐れ込みが早いので私は薦められない。
しかし、松はヤニがあり神・舎利は趣のあるものが作れるのでお奨めと考えています。
過酷な生育を表現するものでバランスを取るのにも神・舎利は有効です。
どのような神・舎利を作るかは彫刻という技術で作業も面白いものであります。
木の生き様を表現するという事で、高山で目にする大自然の過酷な環境で付いたキズを思い浮かべそれを彫刻するのです。
一度に完成まで作り込まないで先ず皮を剥ぎ取ります。
皮を剥ぐことで上部との生命が断ち切られることになりますから、部分的に剥ぎ残したい上部への皮は残すのです。
剥ぐ時の注意として、樹木の皮は篩管が真っ直ぐに繋がっていますので、部分的であってもラセン形に剥ぐと篩管が全て断ち切られることになるので枯れてしまいます。
どうしてもラセン剥ぎをしたいときは、木をねじるか長年を掛けて少しづつラセン剥ぎします。

皮を剥ぎ取りヤニが固まってから木部を彫刻します。
枯れ朽ちたように表現しますが、年輪を無視したような細かい彫刻はあまり長持ちしません。
朽ちたように枝先をむしり取ったり幹をえぐり込んだりします。
彫刻の施し方は先のように自然界で朽ちていく法則に従います。
柔らかい所から硬い所へと年輪に沿うような形で朽ち風化していきます。
年輪が蜜で硬化した芯の部分を残して朽ちていきます。
このような事を意識してあたかも自然に朽ちた様を表現します。
緻密な彫刻を施した舎利を持った盆栽は何の変哲も無かった時に比べて自然のドラマを持った盆栽になります。

松は若い幹でも樹脂によって比較的長持ちするので神・舎利作りという遊び心も楽しめます。
生きた部分の成長によって舎利の部分が引っ張られてソリが出て形の変化も起こるものです。
間延びした幹に舎利を作るとガラリと変身するものです。

赤松と黒松の違いは以下のようです。
赤松の幹は上部が赤褐色で薄く剥がれています。
葉の太さは黒松は太く長く硬く、赤松は細く短く柔らかくなります。
冬芽は黒松が白く硬く、赤松は赤くケバ立っています。
その他に合黒と言って中間種があります。
戦前は苗の移動は禁じられていました。
地域固有の形態を保護していたのです。

赤松
自然には創造も付かないような樹形が沢山あります。
盆栽として分類している樹形に収まらない形がいろいろとあります。
形にはめてしまっては面白いものが出て来なくなるのかもしれません。

盆栽の書物が多くなるのは明治の時です。
この頃は赤松が好まれていました。
以下はその概略です。
赤松は木の性質が弱く生育しがたいが、黒松は強いために育ち易い。
千年もたったと思うような古松はたいてい黒松である。
しかし、盆栽として賞玩するには、赤松に限るけれども盆栽の赤松で50年以上経った物はまだ見た事が無い。
海辺の地には黒松が多く生じ、これに反し山中には一帯に赤松が繁殖しているようである。
しかし山中でも信越の境などのすべて寒国には黒松が多く、暖かい土地には赤松が繁殖していると言うがこれも樹勢の強弱に関係しているのではなかろうか。

戦前は、各土地の植生を大切にしていていまでは同一とされているものでも移植を禁じていました。
今、外来種によって古来の生物相が変わりつつあるとき、小動物でも移動放流しない事が再び言われ出しています。


赤松

元来松は黒松が男松と言われ赤松は女松とも言われていました。
これは見る人にも黒松は力強く剛毅さを現して見えます。
これが、最近の盆栽や団地に植えられる庭木に黒松が好んで多く選ばれています。
黒松盆栽の培養方法も研究し尽くされてあらゆる形に対応して魅力的な樹形が作られています。
江戸から明治の盆栽には赤松が主流であり、記録にも赤松が残されています。
現在は、培養の早さや丈夫さが苗を育てるのに適しており商業的にも黒松が全盛となっています。
赤松は個人の趣味として長く培養されていたりするので豊富に有りますが、流通量が黒松に及ばないのです。
繊細で優美な表現ができる赤松をとても好きだという趣味家に置いては、林などに自生する赤松の子苗に四季を通じて見所のある景色を想像するのです。
時代を背景とした移り変わりの中で好まれる樹種が移り変わるのは当然のことです。
素材の多寡や培養の難度、流行などによって左右されます。
幹肌の色は土地の条件や年輪や風雨によって現れるものであり、用土を選び培養に心を砕いても難しい面があります。
自然の赤松においては雨に濡れ易い湿度の高い部分の幹肌が黒く厚くなっていて、高い位置で空中湿度が低く雨の掛からない部分赤く薄い幹肌となっています。
幹を乾いた環境にする事によって赤い幹肌にできると思われます。
また、赤松と黒松を固定観念で樹形を振り分けてしまう論調も圧倒的に多くあります。
盆栽は自然の写しであり雄大な景色や古樹大木の姿を小さな鉢上に表現するものと言われます。
そのような論者からは赤松はヒョロヒョロとした文人木であるべしとなっているのです。
固定観念で赤い幹肌で細く柔らかく優しい姿を表現しなければいけないと言った所で空論で終るでしょう。
それは、相撲はスポーツでは無く国技であり相撲道という精神面の強い・・・ (だからスポーツでは禁止された八百長・・・) というような行き場の無い話にしてはいけないと思います。
黒松と同等なタケノコ幹のがっちりした樹形であっても良い景色を表現できるものです。
赤松に自由な樹形を認めてやれば黒松とは違う小葉の幹肌の荒れた盆栽が生まれるのです。

荒木には、夢があります。
今、人に見向きされなくても、10年たち観賞にたえられるような樹となり、また20年後には国風展や大きな展示会に飾れるような名品になるかもしれません。
ただし、荒木を前にしたとき、あなたは樹に対してかなりの責任をもつことになります。
将来の名品となるか、あるいはしようもない樹となるか、それを決定する第一歩となるからです。
荒木だから、気持ちを楽にして白在に取り組むのも結構ですが、将来、少なくとも10年後のある程度の予想図を描きながら、取り組む姿勢が必要です。
その将来の夢を見て樹をつくる、盆栽をする大きな喜びでしょう。
まず、ミドリ摘みの作業から説明しましょう。
5月に入るとローソク芽が長く伸びてきます。
樹冠部などとくに大きく伸びて、日陰になってしまうフトコロ枝の芽は、弱くなります。
このまま放っておくとさらに芽の強弱が拡大されてしまいます。
とくに荒木の場合は、樹勢が均一化されていませんから、さらに芽の強弱が拡大されます。
そこで5月の葉の開かない時期にローソク芽を半分ほど折りとってやれば、芽元の力を均一化させることができます。
そして、この後、6月20日〜7月10日の間に芽切り作業を行います。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム  ピロコームの専門店向け卸し  ピロコームの詳細説明  被毛の手入れとキューティクルの写真  ピロコーム使ったひとの生の声  アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル
シェルティー  サモエド一家
旅行あれやこれや  輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ  耳垂れうさぎのホーランドロップ  小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア  ライオンヘッドラビット  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド    スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ 
frt1やんぐアフガンです  frt2 犬と健康  frt3 花に囲まれて  Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き  only11 子犬黒猫好き  Tk1 路傍の糞  Tk2 蕎麦好きのおっちゃん   Tk3 柿つつきです   Tk4 ンコ拾い隊  Tk5 花